MSSの強みと研修プログラム | 研修内製化支援

動画で見るMSS紹介

MSS

MSSってなに?

MSSができた背景

MSSは忙しい現場のマネージャーに生産性向上に向けて有効活用できるツール(LIFO)を提供し、
マネージャーが職場で必要となるであろうテーマをシリーズとしてラインアップしました。

マネジメント実践スキル講座受講後、マネージャー自らが置かれた職場の状況
ニーズに合わせて職場で展開していきます。

  • マネージャーが
    成し遂げたいこと

    目標達成したい!
    生産性を向上したい!

    労働時間を短縮したい!

    人材育成、OJTを強化しなければ!

    定着率の向上を図りたい

  • マネジメント研修への不満

    人手不足で常に忙しい

    成果に対するプレッシャーが高い

    研修で2、3日職場を抜けることも難しい

  • マネージャーが
    成し遂げたいこと

    研修で学習したことが職場で活かされない

    研修での学びはその場だけで一過性に終わってしまう(イベント)

    研修で学んだ知識やツールをもっと手軽に職場で実践したい

これから研修
職場実践こだわります!

  • マネージャーごとの個別ニーズに応えて問題解決の支援をします。
  • 必要な時に、必要なテーマでマネージャー自らがワークショップを行えます。
  • 研修で学んだ知識・スキルを手軽に職場実践できるようにしました。
  • 職場内における「人」の問題を自職場で解決するツールを提供します。
  • 研修受講者が自分自身で問題解決を推進できるように支援します。

MSSは「人のマネジメント」のスキル向上に貢献!

下記はマネジメントをする上での2つの重要な機能をまとめたものです。研修などでも下記のフレームワークに則って研修を組み立てます。MSSはこの中で「人のマネジメント」をうまく遂行するために役立ちます。

  • 変化のマネジメント

    現場活動の見直しと転換、
    新しいことへの展開

    仕組み化とそれに伴う資源
    (人・物・金)の効果的配分

  • 仕事のマネジメント

    P-D-C
    (マネジメントサイクル)

    仕事の改善(QCなど)

  • 人のマネジメント

    リーダーシップ

    コミュニケーション

    モチベーション

    部下育成(OJT)

    チームワーク

    職場の活性化

「人のマネジメント」の部分をマネジメント実践スキル講座にすることで、
職場内でLIFOを使えるようになります。

職場内・外の「人」における問題解決を支援!

  • チーム作り

  • 目標管理(目標設定)

  • OJT強化(定着率UP)

  • セールススキ向上

  • 報・連・相レベルアップ

  • 労働時間短縮

マネジメント実践スキルシリーズ ラインナップ

♯01

チームづくり ワークショップ
〜チームの目標達成に向けて〜

対象
チームメンバーのやりとりがぎこちないと感じている
新しく赴任したマネージャー(職場で日が浅いマネージャー)
人事異動でメンバーが入れ替わった職場のマネージャー
成果
職場メンバーの行動上の特徴が掴める
職場メンバーの相互理解が進み結束力が高まる

♯02

タイムマネジメント ワークショップ
〜働き方改変に繋げる〜

対象
働き方改変を推進しようとしている
残業が多い職場のマネージャー
プレイヤー色が強くメンバーへの関わりが薄いと感じている
成果
職場メンバーの時間の使い方の特徴を掴める
職場メンバーの時間の使い方が変わる

♯03

OJT強化 ワークショップ
〜チーム内の人財育成を加速する〜

対象
メンバーが育っていないと感じている
メンバー間の関係性がよくない、OJTが機能していないと感じている
メンバーの多様性が進み、関わりに悩んでいる
成果
後輩が活動しやすい、成長につながる環境(ソフト面)が整備できる
OJT活動の軌道修正ができ、生産性向上に繋がる

♯04

セールス ワークショップ
セールススキルアップ編
〜個々のスキルアップに繋げる〜

対象
セールスチームのマネージャー
お客さまに合わせたセールス活動を展開し、目標達成したいと考えている
セールスにおける職場の底上げをしたい
成果
各セールス段階でお客様に合わせた効果的なアプローチ方法がつかめる
翌日からのセールス内容に変化が起こせる

♯05

セールス ワークショップ
具体的アプローチ編
〜具体的アプローチスキルを身につける〜

対象
セールスチームのマネージャー
お客さまに合わせたセールス活動を展開し、目標達成したいと考えている
セールスにおける職場の底上げをしたい
成果
特定のお客さまへ効果的なアプローチが身につく

♯06

目標管理ワークショップ
目標設定編
〜目標管理の運用力を高め成果に〜

対象
メンバーの特徴に合った目標設定をしたいと考えている
職場の目標達成に向けてスタイル別のアプローチを考えている
成果
目標設定時にとりがちな言動、特徴が分かり、目標設定内容に変化が起こせる

♯07

お客さま対応 ワークショップ
〜サービス向上に向けて〜

対象
お客さまとの対応レベルアップを図りたい(小売業等)
多店鋪展開している業態のスーパーバイザー(コンビニ/調剤薬局等)
成果
これまでお客さまとうまく行かなかった理由が分かる
今後の応対の仕方を変えられる

♯08

報・連・相 ワークショップ
〜職場の報連相レベルアップを〜

対象
職場の報・連・相がよくないと感じている
報・連・相について改めて教えて、活性化した職場を創りたいと感じている
成果
報・連・相について改めて理解できる
報・連・相のあり方・やり方を変えられる

♯09

相互指摘 ワークショップ
〜組織力の強化に繋げる〜

対象
職場の中でお互いに見て見ぬふりをすることが多いと感じている
お互いの成長のためにメンバー相互に指摘しあい切磋琢磨してほしいと感じている
成果
指摘・フィードバックについて改めて理解できる
相互指摘がしやすくなる

♯10

期待役割 ワークショップ
〜職場内での役割を明確にする〜

対象
職場の中でそれぞれの役割が不明確と感じている
特定のメンバーに仕事が偏ってしまっていると感じている
メンバーの能力/スキルを把握できていないと感じている
成果
相互に役割が明確になり、仕事が進めやすくなる

MSS 展開ステップ

前提条件としてMSSを展開するには社内で1名以上LIFOのライセンスを取得することが必須になります。

0

LIFOライセンスを社内で1名以上 取得

※LIFOライセンス取得に関して/開催要項

1. ライセンス使用の条件を確認(社内・組織内での使用)
2.「受講条件」を確認ください
3. 1組織で4名以上であれば、社内実施も可能
4. 認定書、専用ID・パスワードを配布します
5. 資料は発注から1週間後に納品されます
6. 社内・組織内にて実施いただき、2年ごとにライセンス更新
7. LIFOの受講経験がない場合は事前にeLIFOを受講

1

マネジメント実践スキル講座 受講(1日間)

LIFOを活用し、自己の強み・スタイルを発見することから始めます。
チーム分析やタイムマネジメント、OJTなどLIFOの職場活用法を理解します。

2

研修受講者をスキル認定者として登録

マネジメントスキル認定講座を受講いただいた方にはスキル認定者として登録します。
スキル認定者にはLIFOワークブックを活用し、社内でLIFOのワークショップを実施することが可能です。

3

スキル認定者がLIFOワークショップを活用し、マネジメントを実践

1. チームづくり
2. タイムマネジメント
3. OJT強化
4. セールススキル
5. セールスアプローチ

6. 目標管理(目標設定)
7. お客さま対応力向上
8. 報・連・相レベルアップ
9. 相互指摘力向上
10. 期待役割確認

4

職場内・外の「人」における問題解決を支援